【中級編】どうぶつアイコンメーカーを作ろう1

画像メーカーPicrewで、アイコンメーカーを作りましょう。
このメーカーは、Picrewの「きせかえメーカー」機能で作成します。

今回はこのようなどうぶつアイコンのメーカーを作ります。

  

顔は意外に構成要素が多く、また、レイヤーの重ね順などを考えて作る必要があるため中級者向けです。
しかし完成すれば、SNSアイコンなどに使ってもらいやすく、広く楽しんでもらえる画像メーカーになります。初級編でPicrewの操作に慣れたら、ぜひ挑戦してみてください!

画像メーカーの構成

今回は、以下のパーツで構成します。
拡大縮小をONにする場合は、倍サイズの画像が必要になりますので、画像の書き出し前に決めておくようにしましょう。

パーツ アイテム数 レイヤー数 カラー数 拡大縮小
帽子パーツ 3 1 1
目パーツ 3 1 1  –
くちパーツ 3 1  1 あり 
耳パーツ 3 2 3
かおパーツ 3 1 3
背景パーツ 3 1 1

レイヤーの重ね順

レイヤーの重ね順は以下のようになります。
今回の画像メーカーでは、「耳パーツ」の中に、「かおパーツ」の奥になる部分と、手前になる部分があります。そのため、耳パーツを2つのレイヤーにわけました。

用意する画像

用意する必要がある画像枚数は、
「アイテム数 × レイヤー数 × カラー数」
で決まります。

パーツ 画像枚数  サイズ 備考
帽子パーツ  3 600 × 320px  
目パーツ 3 338 × 130px  
くちパーツ  3 300 × 188px

拡大縮小をONにするパーツは、倍サイズで書き出します。
(※くちパーツの等倍サイズは、150 × 94pxです)

耳パーツ  18 600 × 320px レイヤーが複数ある場合でも、パーツ内の画像は、全て同じサイズで作成します。
かおパーツ  9 600 × 600px  
背景パーツ 3 600 × 600px  

※以下の見本画像は、全て2分の1の縮尺です。

カラー1色、拡大縮小なしのパーツ

カラー1色、拡大縮小ありのパーツ

カラー3色、拡大縮小なしのパーツ

カラー3色、レイヤー2枚

 

以上で、アイテム画像の準備ができました。